古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「初年」考(一)

本当にお久しぶりです。研究らしい研究はしておりませんでしたので、ここに書くべきことがありませんでした。

FacebookやらTwitterやらはやっていたのですが、ようやくここに、つまりFacebookのような友人プラスアルファくらいのコミュニティではなく、Twitterのような文字数に限りがあり、かつインターネット検索にかからないSNSでもない、公開の場で多くの人に後々まで見ていただきたいと思うような内容がでてきました。



「初年」という言葉があります。

漢字二文字で音読みなので、和語と漢語からなる日本語という区分では「漢語」です。
当然、中国の古典籍にも登場する言葉・語彙ですから、中国語(漢語)という意味においても「漢語」です。

この日本語の漢語と中国語という意味の漢語の両者で、同じ漢字・語彙・字面なのに意味が違うということがあります。
日本語のなかの中国語由来のことばを「漢語」というのですが、日本で作られた「和製漢語」もあります。でもまあ、ほとんどの場合は両者は同じ意味なので、ふだんはそれほど両者の違いを意識してはいません。

では、みなさんは、たとえば「明治初年」といった場合、いったい具体的に何年を想像されるでしょうか。

私の日本語感覚では、「初年」という言葉は使用しません。もっぱら読む側です。「明治初年」と書いてあれば「明治元年のことではないかな」というのが、パッと見た、すぐに思いついた考えでした。前後の文脈から、明治元年以降を表していても、違和感を覚えません。つまり、ただたんに「明治初年」という字面からは、頭の中でとっさに"「明治元年」とほぼ同じなのだろう、と変換する"、ということです。

最近読んだ論文に、はじめの方に「雍正初年」という字面(じづら)が2回出てきて、終わりの方に「雍正元年」と出てくるものがありました。はじめの方は「雍正初年≒雍正元年」と脳内変換して読んだので、あとの方で「雍正元年」と出てきたときに、「あれ?雍正初年は雍正元年じゃなかったのかな」とちょっと不思議に思いました。ただの表現上の不統一なのかなと感じましたが、念のため、辞書をひくことにしました。

こんなときにひくのは、まず日本語として「初年」がどういう意味なのかを知りたいのですから、当然『国語辞典』です。
最近、『広辞苑』が改訂されるという話題をあちこちで耳にしますが、僕は『広辞苑』を買ったこともなければ使ったこともなく、日本語の辞典といえば、
小学館『日本国語大辞典』(第二版)全13巻
を生みだした、小学館のものをひきます。この第二版が死ぬほど欲しいのですが、たとえ買っても置く場所に困るので、我慢してます。お薦めなのは、その内容をぎゅっと凝縮し、1冊本にした、『国語大辞典』小学館、1988年です。ちょっと古いのですが、新語を調べるわけでもなく、なにより安価で入手できますから、お薦めです。

そこには、このように解説してありました。

しょ-ねん【初年】①ある物事をやりはじめた年。第一年。②ある期間のはじめのころ。「明治初年」
―― -ど【初年度】ある仕事や事務が始まる最初の年度。第一年度。
―― -へい【初年兵】旧陸軍の兵士で、入隊してから一年以内の者。

さて、困りましたね(笑)。

「明治初年」と用例が出てあるところでは「はじめのころ」の意味だとしながら、「初年度」「初年兵」では明確に「一年(間)」です。「はじめのころ」=「一年(間)」であれば、この説明は矛盾なく理解することができます。しかし「初年」の項に、①第一年と②はじめのころの両方の意が明記されているので、それは否定されます。「はじめのころ」はあくまでも「はじめのころ」なのでしょう。

とすると、「明治初年度」という言葉は、「明治のはじめのころのうちの、とある一年度」なのでしょうか、それとも「明治元年度」と同じと言えるのでしょうか。あるいは、そんな矛盾するような言葉は存在しないのでしょうか。

このような「辞書をひいても分からないこと」を解決する方法がひとつあります。

少し長くなりましたので、続きは、次回に話しましょう。



ちなみに、僕は本当はもう紙の辞書をひくことはほとんどありません。とくに『国語辞典』はいっさいひかずに、ネットで調べています。ネットは信頼性が、、、と思うかもしれませんが、コトバンクなら、紙の辞典を電子化してネットで公開しているので、安心です。

Wi-Fi回線のWiMAXでルータごとに速度を比較してみた

古代中国とはまったく関係ないのですが、面白いことが分かったので投稿してみます。

2年前より、インターネットの回線(自宅デスクトップ、ノートパソコン、携帯・スマホの回線のすべて)をすべてWi-Fi回線にしました。

その時の契約は、WiMAX「UQ Flatツープラス(特約)物販新規」というものです。

この「(特約)」というのがミソで、通常の「Flatツープラス」は、月間利用量や直近3日間の利用量に従って、速度制限がかかり、またデータ量も月間7Gバイトという上限があります。

でも、私が契約した(特約)というものは、この上限がない、つまり現行の料金プランでは「UQ Flatツープラスギガ放題」という、どれだけ使っても同じ料金というものです。

使い放題で、料金は使い放題ではない制限つきのもの(3994円)という破格なものでした。出先でも快適にネットできたので、とても重宝しています。ただし、地下鉄内では電波はほとんど入りません。

それに都内でも、たとえば山手線や埼京線に乗っていて、池袋大塚間・池袋板橋間では、必ず入りませんし、新宿駅の埼京線のホームの南側も入りません。Wi-Fiの電波が入らないところがあります(これは公式ホームページのサービスエリアの地図でも「電波が入る」とされています)。

それはさておき、2年間の契約更新時期を迎えたので、ネットでどんな契約がお得か、いろいろ調べてみました。
ほとんどのページでは、こんな感じで書かれています。

・更新せずに、一度やめて、他のプロバイダから新規入会する(キャッシュバックがあるので結果的に得する)
・直近3日間の利用量による速度制限でも、動画を見る程度であれば問題がない。
・別売りのクレードル(充電器兼有線ケーブル接続器)はいらない。


現在のところ、一番安くあがるのは、とくとくBBとのこと、たしかに比較すると安いです。

たとえば、私が2年前にやったように、スマホのデータ通信量使い放題をやめ、契約している有線回線をやめ、4000円ほどにまとめられれば、これは安いでしょう。お薦めです!

私もそう考えて、とくとくBBのWiMAXの回線を申し込みました。

そうしてわが家には、2つのロムと3つのルーターが存在しています。

ルーターは、以下の3種類です。新しい順に紹介しましょう。

1.Speed Wi-Fi NEXT WX03 440Mbps対応の最新機種(とくとくBBから送られてきたもの)
2.Speed Wi-Fi NEXT W01 220Mbps対応(2年前の最新機種)
3.Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11 110Mbps(友人から譲り受けたもの。設定で速度制限の対象外であるWiMAX回線にできる機種

クレードルは2.のものだけあります。
今日現在の環境では、新ロムは速度制限を受けていて、旧ロムは速度制限を受けていません。契約自体は両者のロムに実質的な差はありません。

そこで、ロムとルーターを掛け合わせ、どのパターンが一番速度が出るのかテストしてみました。
旧ロム(速度制限なし)
1.3.5M
2.4M
3.1M

新ロム(速度制限あり)
1.1.8M
2.2.1M
3.0.9M

結果はあれ?です(笑)。なんと、2年前の最新機種が一番速度が出ました(設定や電波状況は同じにし、複数回計測しています)。

もっと驚いたことは、、、クレードルに2.装着して計測し、かつ5GHzの帯域で測定してみると、
旧ロムで5M、新ロムで4.5M
の測定値が出ました。。。

つまり、速度制限がかかっているものとかかっていないものの差がほとんどなく、かつ、クレードル接続であれば通常の無線LAN接続より1~2Mも速度が出るのです。

つまり、今宣伝しているWiMAXに入った方がいいよ!というネットの記事は、あながち間違っているわけではないけれど、正確とは言えないようです。

自宅で使用する場合、あるいは、速度制限がかかるような使用をする場合(かかってもYouTubeは普通に見られるから大したことはないとほとんどのサイトに書かれていますが、2月2日に新しい速度制限になったら、どうなるか保証できないでしょう)は、

・クレードル使用(5GHz帯使用)
・ルーターは最新の機種でなくてもよい


ということになりそうです。別売りでも、自宅のデスクトップで使う場合があるのなら、クレードルは買っておくべきですね。

ちなみに私は、月間の利用量は、ほとんどの場合、100GB前後ですwww 確実に速度制限をくらいます。

また、とくとくBBは、唯一、20日間以内であればキャンセルOKという点です。実は契約解除に料金はまったくかからないと思っていたのですが「違約金」がかからないだけで、「解除費用」は3500円ほどかかります。自分も勘違いしていたので、特筆しておきます。

ということで、私はキャンセルします(笑)。わざわざ速度の出ないルーターの最新機種を入手するメリットはゼロですから。


さて、新しく契約しないとなると、2年の契約が終わり、契約更新となります。その場合、(特約)が消えて、月間7GBまでしか使えません。。。そこで、UQ WiMAXのキャンペーンを利用して、契約を一度やめて、新規としてUQ WiMAXの「UQ Flatツープラスギガ放題」にする予定です(これも最新機種がついてきますが、上記の1.ではないものを選んでみようと考えています)。

テスト

12月に更新して、1ヶ月たたないのに、一番上に「一ヶ月更新のないブログ」に掲載されてしまう広告が出ていました。

そのため、これは何日でそれが表示されるかを見る、テストのブログですwww

中国語の文法書といえばこれに尽きる!!

Why?にこえたるはじめての中国語の文法書
Why?にこえたるはじめての中国語の文法書


朗報です。
思わず、ブログを書いてしまいましたwww

基本的であり、詳細な説明で知られる中国語文法解説書の『Why?にこえたるはじめての中国語の文法書』が20年ぶりに改訂されました。用例を新たにした部分、文法解説を新たにした部分、画像資料を増やしたなど、変わっているようです。

私もはじめは「学ぶ」者として、そして、やがては「教える」者として、愛用してきました。

ざっとしかまだ見ていませんが、ある程度文法的な解説も加わっているので、買い直した方がいいでしょう。
すばらしい仕事だと思います。

19の辞典・字典が一度に串刺し検索できる驚異のサイト

驚きです。まぁ、一度、体験していただければすぐに分かります。

・国学大師字典
http://www.guoxuedashi.com/zidian/725B.html

検索できる辞典・字典は、下記の通り。
・『漢語大字典』:頁数:文字版・影印版
・『漢語大詞典』:頁数:文字版・影印版 (言わずと知れた、諸橋『大漢和辞典』を越える質・量の大辞典
・『現代漢語詞典』:頁数:影印版
・『康煕字典』:頁数:文字版・影印版 (『康煕字典』が諸本を引用しているのは周知のこと)
・『説文解字注』:頁数:文字版・影印版 (いわゆる段注:段玉裁『説文解字注』)
・『古漢語字典』:頁数:影印版
・『古文字詁林』:頁数:影印版 (古文字【甲骨文字編・先秦貨幣文編・古貨幣文編・包山楚簡文字編・睡虎地秦簡文字編・漢印文字徴】・【石刻篆文編】・【汗簡】・【古文四声韻】・【説文解字】の字すがた表示に加え、諸学者の文字解釈を載せる。漢代以前の文字研究には不可欠な工具書
・『説文解字詁林』:頁数:影印版 (言わずと知れた、『説文解字』の古典的代表的注釈を切り貼りで集めた労作。)
・『重編國語辭典』:文字版
・『経籍纂詁』:頁数:影印版 (唐代の経典に対する注釈を集めたもの。唐代以前の文字解釈の基本となるもの)
・『故訓彙纂』:頁数:影印版
・『中文大辞典』:頁数:影印版
・『宋本廣韻』:文字版
・『異体字字典』(リンクに飛ぶ)
・『書法字典』(楷書・行書・草書・隷書・篆書などの字すがた表示)
・字形演変(甲骨文・金文・小篆・康煕字典体・楷書体の字すがた表示+『説文解字』『六書通』『金文編』『甲骨文編』の字すがた表示)
・『甲骨文字編』:頁数:影印版
・『金文編字典』:頁数:影印版


途中で、疲れたwww
また補うので、いましばらくお待ちを。いずれにせよ、すごいサイトです。びびりました!

任意の漢字を入れて、試してください。 ていうか、これで『漢語大詞典』も『經籍纂詁』も『説文解字詁林』もなにも買う必要がないという、なんて夢のような時代なんでしょう。買い揃えたら数万円ではきかない。

お試しあれ!!






前のページ 次のページ

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。