古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『支那文を読む為の漢字典』 と 『新字源』

今でもそうかもしれないが、少し前まで、定評のある中型漢和辞典といえば、『新字源』角川書店だった。自分も院生時代は指導教官に薦められて買い、ボロボロになってしまったのでその後古本屋で2代目を買った。いま、手元にあるのはその2代目。

恥ずかしい話だが、ごく最近、その『新字源』が改訂されていたのを知った(と言っても、改訂されたのは相当前//汗)。
角川 新字源 角川 新字源
小川 環樹、 他 (1994/11)
角川書店


付録の「助字解説」には、「助字解説」があって非常に重宝したし本当によく利用した。漢文を読んで助字が出てくるたびにここの説明を見ていた時期もあった。そういう時期があって、ある程度は助字が頭に入ってくれたから有り難い。
この『新字源』は親字があり、解説があり、熟語がありという普通の漢和辞典だが、『新字源』以前の「字典」で定評のあったものは、
支那文を読む為の漢字典 支那文を読む為の漢字典
陸 爾奎、方 毅 他 (1999/07)
山本書店出版部研文出版

又聞きだが、よく聞く話としては、この字典を持っていない学生は東洋学・中国学のもぐりだ、と言われたほどのよい、持つべき工具書だったようだ。私は、ながらく絶版になっていて古本屋で見ても高かったので買わなかった。また『新字源』でも簡潔な親字の解説はなされていたから、事足ると思っていた。ただ、新版で出たし、飲み会1回分くらいだから買っておいたほうがいいとは思うものの(そういう「買っておいたほうがいい」本は山のようにあるので、きりがないのです・・・)。

この>『支那文を読む為の漢字典』は、中国の学生用の小型字典『学生字典』商務印書館・1915年をほぼ文語調に翻訳したものだという。ところで『新華字典』は現代中国語の「字典」で、ハンディサイズの小型だが、ときどき見てみると、「あ~、この字はそういう意味の字か!」と、なんとなく分かっていたけれどいまひとつのところでモヤモヤしていた言葉の意味が、微妙な意味合いもストンと分かるときがある。『支那文を読む為の漢字典』もそういう感じの字典なのかな、と思ってみたりする。

さて、とりとめもなく話したが、漢和辞(字)典の評価・感想というのは実に難しい。ただひとつだけ言えるのは、実際に使ってみないと良さ悪さは決して分からない、ということ。
それに、例えば評判のよくない辞典でも、自分が辞典に求めているものがなにがしかあってそれが辞典に備わっていれば、その辞典はその人にとってはいい辞典だと思う。完全無欠な辞典、万人にとってよい辞典はないんだとも思う今日この頃。まぁ、当たり前ですよね。。。

で、今日、ようやく古書店より安く上記2冊の辞書を買いました。両方で2000円ほどだったので、1週間前に頼んでおいたものです。パラパラ見たところ、『支那文を読む為の漢字典』は、なるほどいい字典ですね。詳細なレポートは忙しいので後日にしますが、「求めるものが載っている」という意味で、戦中・戦後1970年代まではやはり必須な字典だったのは頷けます。またなぜ「支那文」という名称を冠しているか、不思議に思っていたのですが、序と後ろの文を読んでようやく分かりました。
念のために言うと、「支那文」という語に何か特別な意があるわけではありません。

<追記2011.4.5>
拍手コメントで、「鍵コメお」さんから、>『支那文を読む為の漢字典』がwebで公開されているとお知らせいただきました。下にご紹介しておきます。画像も見られるので、非常にいいですね!!、「鍵コメお」さん、ありがとうございました。

http://www.seiwatei.net/chinakan/chinakan.cgi
スポンサーサイト


テーマ:漢字 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

新字源改訂版

 この辞典、改訂版といいながら、本文は1ページも増えていません。

 私が、旧版の「国字・国訓一覧」を批判したことも改訂の一契機となったようで、新版で一番大きく改訂されているのが、この部分のようです。

 おかげで、改訂新版を贈呈していただきました。

 また、旺文社漢字典も当初協力依頼があった関係で初版はいただきました。

 私がいつも携帯している漢和辞典は、「漢字源改訂第四版」ですが、「新字源改訂新版」は、「新漢語林」・「全訳漢辞海」・「現代漢語例解辞典」・「漢字典」に次、6番目ぐらいに持っていることが多い辞典です。

 角川は、多くの種類の漢和辞典を持っていますが、「字源」と名前がついても、それぞれ関連性はなく、「大字源」と「角川必携漢和辞典」が同系列のようです。

 「新字源」は、字源の解説がかなり異色で、字源解説だけからすると、「旺文社漢字典」が、同系列です。

 しかし、『支那文を読む為の漢字典』、そんなに安くなっているのならほしいですね。

 それと、リンクに入れたブログの漢和辞典評価、大改訂をしなければと考えています。

うっかり・・・

jitenfetiさん、コメントありがとうございます!!

あの漢和辞典の評価のページはすごいなぁと思って見させていただいていました。市販されているものをほとんど網羅しているようで、非常に参考にしています。やはり、出版社から協力依頼が来るjitenfetiさんはすごいですね。
ところで『新字源』、よく見てみたら1993年の335版発行でした。『角川 新字源 改訂版』は1994年10月発行。うっかりしてしまいました。itenfetiさんの意見も反映している改訂版、また今度買います(w
最近私は『字通』が欲しいのですが如何せんお金が・・・。『支那文を読む為の漢字典』は定価でもそれほど高いわけではないと思いますが、今回は安く出ていたので思わず手が出てしまいました^^

  • 2007/02/11(日) 16:29:04 |
  • URL |
  • 古中 #FvLIUmYM
  • [ 編集]

ブログをお褒めいただき感謝

 調子に乗って、『字通』の記事を訂正して、ご報告にあがろうとしていたところ、同辞典のCD-ROM版の評価記事を書いていないことに気づき、今日の記事のひとつにしました。

 なお、昨日から評価記事の見直しも始めました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/64-e7136d17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。