古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「韓国出土木簡30年」シンボジウム(2007/1/13)

「韓国出土木簡30年」シンボジウム

日時:2007年1月13日(土)
会場:早稲田大学 戸山キャンパス 36号館6階681教室
講演:李基東(韓国・東国大学・教授)
   「韓国古代木簡の発見による新羅・百済史研究の新たな進展」
   平川南(国立歴史民俗博物館・館長)
   「韓国出土木簡と日本古代史研究」
報告:朴鍾益(韓国国立昌原文化財研究所・学芸研究室長)
   「城山山城木簡の発掘成果」
   李鎔賢(韓国国立中央博物館・学芸研究士)
   「月城垓字出土木簡について」
   尹善泰(韓国・東国大学・助教授)
   「百済陵山里出土百済木簡と作成主体」
   橋本繁(早稲田大学朝鮮文化研究所・客員研究助手)
   「慶州雁鴨池木簡と新羅内廷」
コメント:三上喜孝(山形大学・助教授)、安部聡一郎(金沢大学・講師)
司会:李成市
連絡先:〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1 早稲田大学文学部 
          朝鮮文化研究所

詳細はこちらの21世紀COEプログラム「アジア地域文化エンハンシング研究センター」のページまで。
スポンサーサイト


テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/40-046eaf18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。