古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンインの「n」と「ng」は区別できなくても大丈夫なこと

最近読んだ本の中で一番ためになったのが以下の書。中国古代史関係ではないが、中国語学習者にとっては読んで損はないだろう。おもに著者の中国語学習の経験が述べられているが、なかなか面白い。

体験的中国語の学び方―わたしと中国語、中国とのかかわり荒川清秀
『体験的中国語の学び方―わたしと中国語、中国とのかかわり
同学社、2009年

● 中国語学習の目的は中国人のようになることか
● 留学すれば中国語がものになるわけではない
● 発音の習得に完成はない
● 参考書、辞書はケチらず買おう
● ラジオ、テレビ講座をおおいに活用しよう
● ある時期に一字一句こだわって読もう



中でも、中国語学習者がピンインの「n」と「ng」が聞き分けられないことに関して、筆者は、聞き分けられなくても前後の文脈や四声からどちらかが分かるので、聞き分けられないことに自信をなくしてはいけない、と説く。

発音する側としては「n」と「ng」を分けて発音するにせよ、聞き取る場合は神経質にならずとも、単語力があれば問題ないということだ。

そのほかにもいくつか発音上のことが書かれており、有声音と無声音の対立だけはしっかりとマスターしなければならないと言う。さまざまな場面で筆者の経験に則ってのことだけに、説得力を持つ意見ばかりである。

そして「中国語学習の目的は中国人のように話すようになること」ではない、としている。

これは、ハッとさせられた言葉だ。ともすれば、われわれはネイティブのようになりたいと思うのだが、生れてから何千時間何千回何万時間何万回と言葉を聞き、話し、訂正された母語者には所詮かなうものではなく、外国語学習の目的はネイティブになることではなく、しっかりとした母語を基礎に違う言語体系・思想体系の言葉を理解することだというのだ。

たしかに留学すれば、日常会話にはさほど困らずには帰ってくることができる。しかし、そこからネイティブのようになることを目指すのではなく、文法的に自覚を持って学習することの大切さをも説いている。

といろいろ書き連ねたが、とにかく本書を手にして読んでみると、中国語学習には有益な本だということがすぐに分かると思う。なお、後半は、筆者がNHKラジオ中国語講座、テレビ中国語講座を担当した裏話になっている。この部分はそれほどは刺激的ではないが、舞台裏を覗き見る感覚で読めばそれなりに面白い。

スポンサーサイト


テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/360-1e9885b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初心者から本気で中国語が身につく!▼動詞フォーカス中国語入門▼本当に中国語をマスターできる唯一の方法

 もうそろそろ夢から醒めた方がいいと思います  ━━━━━━━━━━━━━━━━...

  • 2010/09/06(月) 16:05:34 |
  • 幸福のゴールドサイン

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。