古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東アジア海文明の歴史と環境」(於:学習院大学・2009/2/27・28)

国際シンポジウム
「東アジア海文明の歴史と環境―中韓日研究者の語る東アジア海文明の未来像―
日時:2010年2月27日(土)・28日(日)
会場:学習院大学西2号館(201教室ほか)

2月27日(土) 学習院大学西2号館201教室
12:30      会場
13:00~13:10 趣旨説明
13:10~14:20 張東翼「高麗時代対外関係の諸相」
14:30~15:40 安介生「中国魏晋南北朝時期の海洋認識について」
16:00~17:10 佐藤洋一郎「稲作からみた東アジア海文明の環境史」

2月28日(日)
9:20~12:30 部会報告

第Ⅰ部会 東アジア海文明における交流―列島・半島・大陸― 西2号館306教室
 鐘江宏之「藤原京造営期の日本における外来知識の摂取と内政方針」
 李文基「墓誌から見た在唐高句麗遺民の先祖意識」
 森部豊「7~8世紀の北アジア世界と安史の乱」
 呉吉煥「百済初期王系の成立について」
 畑中彩子「長登銅山にみる日本古代の銅山経営と流通」

第Ⅱ部会 越境するモノ・情報・認識 西2号館305教室
 禹仁秀「明清交替期の台湾鄭氏海上勢力に対する朝鮮の情報蒐集と対応」
 洪性鳩「韓国と満洲―満洲理解の歴史―」
 金知恩「朝鮮後期の星湖李瀷の東アジア観」
 荒川正明「福建と日本の陶磁」
 家永遵嗣「15世紀室町幕府の「辺境」認識の成立条件―将軍近臣と北辺・西辺の在地勢力―」

第Ⅲ部会 中国古代の地域と古環境の復元 西2号館304教室
 濱川栄「漢代徙民考」
 中村威也「里耶秦簡から見た民族と支配」
 長谷川順二「前漢期黄河故河道の復元―山東省聊城市~平原県~徳州市―」
 惠多谷雅弘「衛星リモートセンシングデータの古環境・遺跡調査への応用とその有効性について」
 黄暁芬「秦直道の調査と認識」

第Ⅳ部会 東方大平原における水運と流通 西2号館204教室
 樊如森「民国時期の黄河水運」
 市来弘志「五胡十六国北朝期の黄河下流における牧畜民の活動」
 水野卓「春秋邗溝考」
 青木俊介「邗溝と漢代東方水上交通」
 菅野恵美「山東地域における交通と図像の流通について」

第Ⅴ部会 東アジアの環境史―水利・技術・災害― 西2号館205教室
 村松弘一「東アジア史における陂と塢」
 小山田宏一「東アジア海沿岸低地の開発類型―鑑湖・碧骨堤・東大寺領名荘」
 大川裕子「銭塘江逆流と鑑湖―古代江南開発の再検討―」
 段偉「水利と災害からみた東アジア史―自然災害と中国古代の行政区の変遷」
 鄒怡「1391~2006年の龍感湖―太白湖流域の人口推移と湖の堆積物との呼応性―」

13:30~15:30 総括・討論
15:45~16:45 
 鶴間和幸「東アジア海文明の歴史と環境―5年間を振り返って―」


特にポスターには何も書いていなかったが、こうしたシンポジウムは特に書いてなければ、入場無料・聴講歓迎なのだろう。
スポンサーサイト


テーマ:中国史 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/325-1e77355d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。