古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

牛島徳次『漢語文法論』(古代編)(中古編)

ここのところ、自分の仕事の関係で現代中国語の教学や文法関係の本を紹介してきたが、古典漢語(漢文)のスタンダードをあげれば、

漢語文法論〈古代編〉 (1967年)牛島 徳次
『漢語文法論〈古代編〉』
大修館、1967年。




漢語文法論〈中古編〉 (1971年)牛島 徳次
『漢語文法論〈中古編〉』
大修館、1971年。



があるのだが、いかんせん、古書店の値段ではずば抜けて高い!!

両方とも「7万円台」というのは一体どうなっているのだと言いたくなる。それぞれ、品詞ごとに文の構造ごとに例文でもって解説がされているので、古典漢語を勉強する際には非常に役に立つものなのだが、一般に流布していないせいか、「漢文のよい参考書がない」という結果になってしまっている。

個人的には、以下の書を一番に推しているのだが、

漢文の語法 (1980年) (角川小辞典〈23〉)西田 太一郎
『漢文の語法』
角川書店、1980年。




これまた古本屋で見つからない本。
これは漢文法を正面にとらえて論じているので、他に類書がない。
他の「漢文法概説」みたいなものは語法や句法の解説に詳しいだけで、文法を論じていないのである。

廉価版でも出ればいいのだが、今の出版事情では厳しいだろう。

また、番外編で、
漢文法基礎二畳庵 主人
『漢文法基礎』
増進会出版社、1998年。




を推す人もいるが、これは以前私が読んだ限りにおいては、古典漢語を一通り勉強した人が「読み物」として副読本的に読むには適しているが、これまた漢文法を論じてはいるものの、その部分は僅かで、ほとんどがエッセイ風なので、文法を理解するにはあまりに漠然としている。従って『漢文法基礎』という書名も、内容を忠実に反映していないのである。これは通読したので、よく分かる。漢文の文法を理解するのであったら、西田太一郎の『漢文の語法』のほうが遙かによい。

そんなわけで、購入しようと思う人はあまりの高値に手が出ないか、そもそも在庫がないので購入できないということに。地域図書館で借りましょう。『漢文の語法』は角川小辞典のうちのひとつなので、置いてある地域図書館も多いのではと思う。牛島書は専門的で、二畳庵主人のものは受験用なので、一般には流布していないのです。

ちなみに牛島著書は両書ともにいま、我が手にあり(買ったものではなく借りたもの)、数年来借りているので、近々返す予定です。すいません、何年も借りっぱなしにしてしまって…(某大中文の方本当にすみません)
スポンサーサイト


テーマ:漢文・漢詩 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/320-97dc9df8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,