古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

祝!林巳奈夫『中国古代の生活史』(吉川弘文館)再版

拙ブログの「お薦め本リスト」の中の「中国古代の生活を知る本」(http://astore.amazon.co.jp/ancienchinabl-22)でもとりあげている、長らく絶版状態にあった林巳奈夫先生の『中国古代の生活史』が復刊(再版)されることが決まったという。

たまたま見た
・三国志ニュース
http://cte.main.jp/newsch/article.php/1508

で知る。復刊の状況や本の紹介が詳しく書かれているので興味のある方は参考にしてください。

・吉川弘文館のHPでは、2009/12/15出版、予約受付中、となっている。2800+税円という値段もうれしい。
http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b50772.html

初版と違うところは、表紙カバーですね。再版のものは、後漢画像磚の彩色バージョンが載っています。
自分は5年くらい前に2000円だか3000円くらいで、京都の古本屋さんからネットで買いました。ていうか、初版は定価3900円!1000円ばかり安くなっている。もしかしたら、再版本はハードカヴァーじゃないかもしれません。(←2009.12.18に確認しましたが、きちんと旧版通りのハードカヴァーでした!)内容は非常にすぐれたものなので、中国古代のことを知りたい人はぜひぜひこの際に買ってしまいましょう。

林巳奈夫 『中国古代の生活史』吉川弘文館、2009年12月。
中国古代の生活史 (歴史文化セレクション)


古代中国の生活全般がどういうものだったのかを、豊富な画像資料で紹介しているのは、ほとんど類書がないので、これまた、品切れになる前に、即買いですね!絶対買って損はしません。

あとは、渡部先生の『画像が語る中国の古代』平凡社、だなぁ。再版してほしいのは。

画像が語る中国の古代 (イメージ・リーディング叢書)渡部武
『画像が語る中国の古代』
平凡社(イメージ・リーディング叢書)、1991年。


こちらは中古でも2,760円と、まだ手が出る値段。絶版モノなので、値が上がる前に買っておくべきでしょう。
林先生のものほど参考価値はないかもしれないけれど、なかなか深い本です。図書館で一読してからでも遅くありません。
スポンサーサイト


テーマ:歴史全般 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/303-1a1d0408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,