古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成21年度白東史学会(於:2009/12/5・中大駿河台記念館)

平成21年度白東史学会大会

日時 : 12月5日(土)  14:00~17:20
場所 : 中央大学駿河台記念会館330号室

発表スケジュール:

14:00~15:00
発表題目:「明朝の西南経営ー苗疆辺牆の成立とその背景ー」 
発表者     道上 峰史(日本女子体育大学非常勤講師)
司会者    大室 智人(東洋大学非常勤講師)

15:10~16:10
発表題目:「衛星写真を用いたスタイン地図の精度分析と考古調査への応用
                          -Digital Excavationの試み-」(仮題)
発表者      西村 陽子(国立情報学研究所特任研究員)
司会者     前島 佳孝(中央大学兼任講師)

16:20~17:20
発表題目    「チベットにおける葬儀の仏教化
                -敦煌出土チベット語文献P.T.239表の分析を中心としてー」

発表者     石川 厳(財団法人東方研究会研究員)
司会者     荷見 守義(弘前大学准教授)


個人的には、今夏エチナに行ってきたこともあり、西村さんの報告の「衛星写真を用いたスタイン地図の精度分析と考古調査への応用-Digital Excavationの試みー」がとても気になります。
スポンサーサイト


テーマ:中国史 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/297-39bb89da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。