古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本中国考古学会・関東部会例会(於:東京大学・2009/10/10)

日本中国考古学会・関東部会134回(2009年度10月)例会

日時:10月10日(土)16:00~18:00
会場:東京大学 法文1号館315番教室
発表者:佐々木正治(愛媛大学東アジア古代鉄文化研究センター助教)
題目:「漢代四川生業関連画像磚の考古学的研究」

日本中国考古学会
【事務局】福岡市東区箱崎6-19-1 九州大学大学院 人文科学研究院考古学講座
【関東部会】rizhongkaogu_guandongbuhui@yahoo.co.jp
            〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
             東京大学大学院人文社会系研究科考古学研究室

10年前頃に四川で一人旅行をして、成都で古本漁りをしていた頃、行く先々の本屋さんで、日本人で漢代を勉強していると言うと、「ズォズォムゥ(佐々木)は知ってるか?」といわれた。その頃、佐々木さんは四川大学に留学されていたかと思う。

<追記2009.10.02>

佐々木さんは以下の書を翻訳されている。
中国古代の鉄器研究白雲翔(著)、佐々木正治(訳)
『中国古代の鉄器研究』
同成社、2009年2月
第1章 緒論
第2章 中国製鉄の起源および初期発展
第3章 戦国時代鉄器の考古発見と類型学研究
第4章 戦国鉄器の応用と古代鉄器工業の初歩形成
第5章 秦漢時代鉄器の考古発見と類型学研究
第6章 秦漢鉄器の応用と古代鉄器工業の全面的発展
第7章 鉄器と先秦両漢社会の歴史、文化
第8章 余論


原書は白雲翔『先秦両漢鉄器的考古学研究』科学出版社、2005年。
目次と中身をざっと見てみたが、かなり網羅的で内容のあるもののように感じた。良書が翻訳されるというのは非常にいいことだ。
「訳者あとがき」に「原著が発行されたのは2005年であり、本訳書の出版は遅きに失したかもしれない」とあったが、原書の発行から4年での翻訳はむしろ早いと言うべきだろう。
スポンサーサイト


テーマ:中国史 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/10/12(月) 20:25:38 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/282-6359d542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。