古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

「シンポジウム(2) 戦国秦漢出土文字資料と地域性―漢字文化圏の時空と構造―」(於:日本女子大学、2009/9/19)

シンポジウム(2) 戦国秦漢出土文字資料と地域性―漢字文化圏の時空と構造―


日時:9月19日(土) 10:30-17:35
会場:日本女子大学(目白キャンパス)新泉山館2階会議室
  http://www.jwu.ac.jp/grp/access.html
参加費無料(一般公開)
プログラム
  受付    10:00~
  開会式  10:30-10:45
  第一報告  10:45-11:35
  「説[石+刂]」  季旭昇(玄奘大学中国語文学系教授)
    コメンテーター:横田恭三(跡見学園女子大学文学部教授)
  第二報告  11:35-12:25
  「秦漢楚地隷書及関於“史書”的考察」  大西克也(東京大学大学院人文社会系研究科准教授)
    コメンテーター:許学仁(国立東華大学中国語文学系教授)
  昼食・休憩  12:25-13:30
  第三報告  13:30-14:20
  「「《上博七・武王踐阼》「幾」、「○〔微-彳〕」二字考辨」  林清源(国立中興大学中国文学系教授)
    コメンテーター:小寺敦(東京大学東洋文化研究所准教授)
  第4報告  14:20-15:10
  「由上博七〈呉命〉論戦国楚系文字的下位子系統問題」  沈宝春(国立成功大学中国文学系教授)
    コメンテーター:福田哲之(島根大学教育学部教授)
  休憩  15:10-15:40
  第五報告  15:40-16:30
  「《子思子》与《礼記》四篇的関係―以楚簡本《緇衣》為出発点―」  西山尚志(山東大学文史哲研究院専任講師)
    コメンテーター:袁国華(中央研究院歴史語言研究所研究員)
  総合討論  16:30-17:30
  閉会挨拶  17:30-17:35
  懇親会 18:00-20:00 参加費3,000円(生協食堂)

  ※司会:池澤優(東京大学人文社会系研究科教授、開会式及び午前)
       名和敏光(山梨県立大学国際政策学部准教授、午後及び閉会式)
  ※使用言語:日本語・中国語(討論の際日本語で発言される場合は通訳をいたします)

▼主催:日本女子大学文学部・平成21年度科研費基盤研究(B)「中国出土資料と漢字文化研究会」研究会
  共催:日本女子大学文学部、日本女子大学文学研究科
  後援:中国出土資料学会
  協賛:東京大学東洋文化研究所研究班「中国古代文献の成立に関する多角的研究」
▼連絡・問い合わせ:
  東京都文京区目白台2-8-1 日本女子大学文学部 谷中信一
  TEL:03-5981-3533/E-mail:yanaka@fc.jwu.ac.jp
  「出土資料と漢字文化研究会」URL:http://mcm-www.jwu.ac.jp/~skproject/index.html


恥ずかしながら「出土資料と漢字文化研究会」という研究会をシンポジウムの案内状によって初めて知った。楚簡を中心として思想系の人が主にやっているようだ。科研費ともかかわりがあるのかもしれない。HPには、youtubeにアップしてある研究会の様子が見られるようになっていたり、定期刊行物『出土資料と秦楚文化』 が創刊号から第4号(おそらく最新号)までPDFで公開していたりとなかなか対外的に開かれたイメージを与えるものとなっている。

中国古代史の学会のHPが非常に貧弱なのが現状なので、この研究会のHPの周到さは目をみはるものがある。
スポンサーサイト


テーマ:中国史 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/272-e58aad67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,