古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「蘭州第一麺」(於:蘭州・2009/8/16)

蘭州には有名な「蘭州牛肉麺」がある。

今回われわれ研究班一行は、地元旅行社のアンパイもあって、ありきたりなホテル中華料理ないしちょっといいレストラン風中華料理しか食べられなかった。日本でも食べられるようなメニューばかり。
蘭州に来たというのに、蘭州牛肉麺もさんざんおいしいとガイドが言うにもかかわらず、食べられないところだった。それがたまたま蘭州で国内便を乗り過ごすというアクシデントがあり(そのほとんどは私の責任だったのだが//汗)、蘭州での滞在時間が延びた。
現地ガイドが昼食には何を食べたいですかという問いに、団長は即座に「我々は蘭州牛肉麺を食べたい」と返答し、現地ガイドがホテルのフロントにいい店を紹介してもらったのが、「蘭州第一麺」という店だった。

この店は地元中国人にも大人気で、予約をとっていたにもかかわらず、5,6分待たされた。

席に座ってもなかなか麺が出てこない。聞くとパフォーマンスをしてくれるという。
麺打ち(というか、例のラーメンの「拉」が見られる)職人のパフォーマンスと制服姿の給仕の口上が見事だった。

麺を拉
小麦粉を「拉」(ラー・引っ張る・引き延ばす)する職人と口上を述べる服務員

細麺を拉2
小麦粉1本を「拉」し、次は指をかけて2本、次は4本。次は8本。。。
と次々に台に打ち付けては「拉」を繰り返し、麺が細くなっていく。

細麺完成
見事な細麺が誕生!服務員のお姉さんもなにげに自慢げに見える
(口上はほとんど聴き取れなかったのだが//笑)。

二細牛肉麺

「二細」という細さの蘭州牛肉麺。

地元の人は「牛肉麺」といって注文したりしない。麺の細さを言って注文するのだ、とはまた別の現地ガイドの言葉。一番細いのは髪の毛の細さなので「毛細」といい「一細」「二細」「三細」・・・などがあるらしい。で、通は「二細」を食べるのだとか。

蘭州牛肉麺には「一赤ニ緑三白四黄五清」という言葉があり、赤は唐辛子・ラー油、緑は葱、白は大根、黄は麺、清はあっさりとしたスープのことを指し、これが揃っているところに特色がある、と現地ガイドさんが説明してくれた。本場の蘭州牛肉麺には「大根」が欠かせないのだ。これはまったく知らなかったし、想像もしなかった。箸の奥に白い大根が浮いているのが分かるだろうか。麺のもちもち感といい、見た目より全然あっさりしている点といい、非常に美味であった。

中国で食べた食品でいくつかうまくて感動した食べ物があるが、蘭州牛肉麺もそれに加えてもよいかもしれない、と思った。ちなみに感動した食べ物は、友人の奥さんお手製の「烏骨鶏湯」(これは言葉にできないほどのおいしさだった。10年も前だろうか、烏骨鶏も貴重・高価だったに違いない。私はこのスープよりおいしいスープをいまだかつて食したことがない)、初めて食べた旬の「上海蟹」(とろとろして凝縮された旨みは「カニ」からは想像できない。「上海蟹」でしか味わえないものだろう)、あとは初めて食べたときはこんな組み合わせでこんなうまくなるものかと感動した「西紅柿炒鶏蛋」。無論、北京ダックも普通に感動した(が、2人で1匹頼むという暴挙をしてから数年は食い飽きた状態だった//笑)。あとは台湾で食べた「東坡肉」(ふだん肉の脂身はことごとく切り取って食べている自分だが、極品軒というところで食べた東坡肉はまったく脂っこくなく、上品な味付けで自分の中の常識が崩壊した)。

さて、話を蘭州牛肉麺に戻すと、われわれは「二細」を食べて、大満足したが、ガイドが言うにはもう1碗来るという。えぇ、そんなに食べられないよ、と思って出てきたのが幅広麺。

寛麺を拉
「寛麺」(幅広麺)は初めに小麦粉(餅)を押しつぶしてから拉する。

寛牛肉麺
2杯目なのだが、これまた麺がしこしこですいとん状のような感じになっていておいしくペロリといただけた。
スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

コメント

蘭州ラーメンに反応しました

こんにちは。お久しぶりです。おいしそうな蘭州ラーメンの写真を見てしまい、思わず反応してしまいました。私、上海滞在中には蘭州ラーメンをよく食べたのですが、知り合いの日本人の方から「上海の蘭州ラーメンはニセモノ。カレー粉が入ってる。」というのを聞き、本物の蘭州ラーメンを追い求めておりました(笑)。すると、生活時尚チャンネルの《人気美食》という番組で、三号線の華師大方面のとある駅(駅名は失念しました。)に「敦煌賓館」という甘粛省人民政府運営のホテルがあり、そこで本場のものが食べられるという情報を手に入れました。楊浦からバスで一時間かけて食べに行ったのですが、まさに「二細」とかいろいろありました。もちろん、大根もでました。今考えても本当に懐かしいです。

  • 2009/09/08(火) 23:57:24 |
  • URL |
  • 當官兒 #mQop/nM.
  • [ 編集]

おいしかったですよ

當官兒さん
一瞬誰かなぁと思ったのですが、HNを見てなるほどと思いました。上海におられたときにそんなに蘭州ラーメンを追い求めていたとは^^; でも中国でも簡単には本場の味には巡り合えないものですよね。ちなみに敦煌で泊まったホテルの名前が「敦煌賓館」だったような気がします。平屋調の昔からある由緒正しいホテルというような感じでした。
上海は地下鉄のない時代の頃によく行っていたので私も懐かしいです。焼きショーロンポーは絶品でしたね♪

  • 2009/09/09(水) 10:40:47 |
  • URL |
  • 古中 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/271-e64fa33d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。