古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日野開三郎

今日の驚き・・・


日野開三郎氏、言わずと知れた唐代史研究の大家。私の大学院の指導教授は「日野先生は自分の身長と同じくらいの著作を残した」と言っていた。日野開三郎全集を平積みにすれば、人の身長くらいには、たしかになる。それだけ多作だったが、しっかりと研究をされた方であった。

私は、文字でしか「日野開三郎」を知らない。

今日まで、ひのかいざぶろうだとばかり思っていたのだが、正しくはひのかいさぶろうだった・・・。

もっともネットで検索できる範囲で言うと、両方の表記があって、どちらが正しいのか本当のところは分からないんだけれども。。。
スポンサーサイト


テーマ:中国史 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/228-babe4e81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。