古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業評価

自分が大学生の時になく、今の大学にあるものの1つに、「学生による授業評価」というものがある。

授業ごとに一度は授業評価を行う大学が増えてきた。今年度、4つの大学で教壇に立つことができたが、そのうち3つの大学が授業評価を行った。

だいたいは個別の質問たとえば「この授業で教員は学生に熱意を持っておしえていたか」「分かりやすく教えるために工夫がなされていたか」といった質問に学生が答える形式だが、最後に自由回答欄を設けるところもある。

こうした授業評価は、一定の期間を経て、教員側に渡される。
各項目の平均点と自分の講義の平均点を並記・比較された形で提供されることが多い。

前期で終了した授業の授業評価を、今さらながら見ることができた。
もっと前に配布されていたのだが、正直恐くて見られなかった(w

自由回答欄も見ることができ
「先生の人柄がそこはかとなく面白い」
とか
「ホワイトボードの黒インクがいつも薄くて見づらかった」
とか
「うるさい子がいて集中できなかった。先生はもっと厳しく注意すべき」
といったものまで各種多様にある。

また来年度、講義を始めるにあたって読み返してみたい。
スポンサーサイト


テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/211-d64d6c6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。