古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の銀行口座

年末年始に調査旅行をして、中国に行った時、中国で銀行口座を作るのを忘れてしまった。

以前、もう10年も前になるくらいに山西大学に留学したとき、中国銀行で口座を作ったときは身分証明書もいらず、ただ預金する現金があれば口座が作れた。ATMも何も存在しなかった時代の頃だ。
今や北京では24時間やっているATMがあったり、クレジットカードからキャッシングができるATMがあったりと非常に便利になっている。

ところで、今は口座を開設するにあたって何か制限があるのだろうか?
(たとえば定住している住所が中国国内になければいけない、したがって定住証明書とかが必要とか)
ご存じの方がいたら、ぜひコメントで教えていただきたい。

そう思うのは、中国の古書店総合サイトである
・孔夫子
http://www.kongfz.com/
の存在が大きい。

中国の古書店の相当数がこのサイトに参加しており、検索も自由にできるため非常に便利なのだが、ほとんどの古書店は中国国内の銀行口座振り込みか郵便局振り込みにしか対応していない。

中国の四大銀行である、
・中国銀行
http://www.boc.cn/
・中国商工銀行
http://www.icbc.com.cn/icbc/
・中国農業銀行
http://www.95599.cn/
・中国建設銀行
http://www.ccb.com/

はいずれもネットバンキング(網上銀行)で振り込みができるようだ。

なので、中国国内で口座を持っていれば、中国の古書店への振り込み手続きが日本にいながらにしてできるのではと思うわけである。古書店の多くは国外発送には応じてくれるものの、クレジットカード決済は行っていない。また現金を送金、あるいは日本の銀行から振り込みする場合は、かなりの手数料(2500円/件)がかかる。
だから、中国国内に口座が持てれば、その費用はかからないし、孔夫子で楽に買い物ができるはずだ。

今度は今年の夏に中国へ行く予定なので、旅行者の身分でも可能であるなら、上記の四大銀行のいずれかに口座を開設してみたいと思っている。
スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

コメント

いつも拝見させて頂いております。
(以前、私のブログ『蛇口が取れた』http://blog.goo.ne.jp/shui-ehon/にコメントをして下さったと思います)
さて、口座の件ですが、恐らく問題ないはずです。身分を証明するもの(パスポート)があれば大丈夫だと思います。
私も居留証を取る前に手続きをしたような気がします(ただし、4年も前の話なのでうろ覚えですが)。ちなみに、私は工商銀行です。
今度中国に行かれる時にお試しになってみて下さい。(間違っていたらすいません・・・)

  • 2009/01/08(木) 13:41:31 |
  • URL |
  • しゅいえほん #-
  • [ 編集]

コメントありがとうございます!

しゅいえほんさん

早速のコメントありがとうございます。そちらのブログも時々お邪魔しております。口座はやはりパスポートと現金があればいいんですね!!工商銀行は孔夫子でも古書店が持っている口座の中で一番多いかもしれません。なので、自分も中国工商銀行で口座を作ってみようと思います。
貴重な情報どうもありがとうございました!!

  • 2009/01/08(木) 15:41:56 |
  • URL |
  • 古中 #FvLIUmYM
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/203-98b988ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。