古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森安孝夫 『シルクロードと唐帝国』 (講談社・2007年)

唐代を概説する講義のため、以下の書を読んでいるが、1/3くらい読み終えた。

近年盛んなソグド人研究がこれほどまでに進んでいること、ばらばらに知っていた諸研究が、全体としてどのようなことを解明しているかをきちんと組み込んで、さらに著者の歴史観・世界観をも著している、概説書として非常に質の高いもので、本当に役に立つなと思いながら読んでいる。読了していないが、唐代社会を知る、あるいは、ソグド人研究を知る、中央ユーラシア史(中央アジア史・内陸アジア史)を知るために、今後必ず読むべき書になることは間違いない。

シルクロードと唐帝国森安孝夫 『シルクロードと唐帝国』 講談社、2007年。                     
序章 本当の「自虐史観」とは何か    (興亡の世界史05)
第1章 シルクロードと世界史
第2章 ソグド人の登場
第3章 唐の建国と突厥の興亡
第4章 唐代文化の西域趣味
第5章 奴隷売買文書を読む
第6章 突厥の復興
第7章 ウイグルの登場と安史の乱
第8章 ソグド=ネットワークの変質
終章 唐帝国のたそがれ



絶対に買いですね。この本は。せめて本屋で一読を(w
スポンサーサイト


テーマ:中国史 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/195-fb1161bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。