古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたつの、藤堂明保著『漢字の起源』

古代中国箚記2006/11/16で紹介した、藤堂明保『漢字の起源』講談社学術文庫、2006年を買ってきた。11月16日のブログに「徳間書店から1966年(増補版、現代出版、1983年)に出た文庫化だろう。」と書いたが、たしかに最終頁に「本書は、一九六六年、徳間書店より刊行された『漢字の起源』を底本としました。」とあった。

たまたま、神保町をうろうろしたら、その現代出版社版『漢字の起源』があった。600円と安かったので、重複するかなと思いつつ、買ってみた。

漢字の起源(藤堂・現代出版)

この1983年の現代出版社版の『漢字の起源』のまえがきで藤堂氏は言う、、、

だがこの十余年の間に、中国での発掘がめざましく進み、思いもよらぬ文物が大地の底から姿を現した。こうなると、旧著の前半は、あちこち加筆訂正を必要とするようになった。このたび現代出版から『漢字の起源』を出版しなおしては、という申出があり、徳間書店が快くその希望を受入れてくれたので、旧著と同名ながら、内容を新たにして、ふたたび世に問うこととなった。

下線はこちらがひいた。
さて、、、読んで字の通り、特に前半部分に加筆訂正の必要があり、内容を変えた、とある。

最終頁にもきちんと
「本書は、一九六六年六月三〇日に徳間書店より刊行された同名の書を大幅に加筆したものです。」
と記してある。

なんのことはない。今回の講談社学術文庫版は、別に加筆した現代出版社版(新版と言っておこう)をさしおいて、著者自身が「前半部分には加筆訂正」の必要があると言っている、徳間書店版(旧版)を再版したにすぎないことになる。

もっとも、旧版と新版を逐一比較していないので、どれほど「加筆訂正」されているか分からない。また藤堂氏がすでに故人であること(たしか夫人はまだ存命と聞く)、どうやら「現代出版」が1992年以降に出版した書籍がないようなので、倒産または出版業務から手をひいて著作権の問題で旧版を使わざるを得ない事情があるのかもしれない。

ちなみに昨日のブログで、学者の下の名前の音読みについて触れたが、藤堂明保も、いままで私は「とうどうめいほう」としか言ったことがない(保は「ほ」だから、音読するなら「めいほ」が正しかったorz)。本当の読み方は「とうどうあきやす」である^^;
スポンサーサイト

コメント

漢字の解読について

独自に漢字を解読して紹介しています。
ご意見ご感想が頂ければ幸いです。
ブログ「象形文字の秘密」http://shoukei.blog65.fc2.com/

  • 2010/01/28(木) 01:34:10 |
  • URL |
  • sachio43 #-
  • [ 編集]

sachio43さま

拝復
コメントありがとうございます。
貴ブログに関する私の考えは以前、そちらのブログにコメントとして書かせて頂きましたので、それをご参考にされてください。よろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/18-a68666ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。