古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楚簡と音通

最近、楚簡(=戦国時代の楚文化圏から出土した竹簡)を読んでいるのですが、なかなか難しく、また面白みもあります。

もっとも、読めない箇所が出てくると、もっぱら先行研究に頼って読んでいるわけですけれども。。。

釈文されたものではなく、独自に読もうとすると、古文字学の知識がけっこう必要なことが分かりました。研究仲間に楚簡を(も)やっている人がいますが、彼が時折簡牘や古典籍を読むときに音通で解釈しようとするのがなぜだか分かった気がします。

ただ、大学院の指導教官が言っていたように、古典籍の漢文は基本的にはそのまま素直に読むのが一番で、音通は最後の最後で、まさに禁じ手のように自分は考えています。

そんな時に役に立つのは『経籍纂詁』や『説文通訓定声』などの古典的な著作とともに、『古字通仮会典』といった近人がつくった辞書ではないでしょうか。

個人的にこのような辞典を使う時に注意しているのが、「A→B」(「A」は「B」に通じている)事例があったとしても、「B→A」とは言えない、ということです。当たり前のことなのでしょうけれども、禁じ手を使う時は、できるだけ同時代の古典籍の事例を使って説明するほうが説得力があります。

現代の中国でも、あるいは日本でも、音が同じであれば誤字や当て字などありますから、古典籍を音通でもって解釈して理解するのも、特に簡牘史料などの筆写史料について言えば、そうそう悪いことではないのかもしれません。

ただ、やはり自分は、「最後の最後で禁じ手」にしています。
論文などで音通でもって解釈したことはありません(w

古文字一般については、下にあげた本が理解しやすく、かつ今でもかなり重宝する良い概説書です。

李 学勤(著)、小幡 敏行(訳)『中国古代漢字学の第一歩―古文字学入門』、 凱風社、1990年

書名に「第一歩」とあってものすごいとっつきやすそうにも思えますが、なかなか読み応えはあります。李学勤は言わずと知れた中国古代史・考古学のビッグネームです。古本であればけっこう安め(400円とか!!!)なので、青銅器とかに刻まれた漢字が好きな方にはお薦めですね。



楚簡については、歴史分野より思想分野で相当インパクトを与えたようです。
詳しくは分からないのですが(笑)、中原起源だと思われていた儒家あるいは老荘思想が戦国の楚にすでにあり、違うテキスト(要するに書籍ですね)があった、ということですから、たとえて言えば、『孟子』がまったくないと仮定して、その時に楚簡からいきなり『孟子』が出土した!、という感じなのでしょう(はずれていたらごめんなさい)。


そのあたりのことは、概説書としては次の2書が参考になるかと思います。個人的には、買っておらず本屋で立ち読みした程度なんですが、お金があればこうした時代も分野も違う本を買いたいところですね。ちなみに地元の地域図書館には両方入っています。

福田哲之 『文字の発見が歴史をゆるがす―20世紀中国出土文字資料の証言』 二玄社、2003年
文字の発見が歴史をゆるがす―20世紀中国出土文字資料の証言古代“殷”王朝は実在した―甲骨文
殷周革命の証人―西周金文・利キ
孔子が予言したお家騒動の顛末―侯馬盟書
修正を迫られる儒教史の通説―郭店楚簡・上海博物館蔵戦国楚竹書
始皇帝時代の法律マニュアル―睡虎地秦墓竹簡
よみがえる漢代学術の世界―馬王堆漢墓帛書
失われた『孫子』の発見―銀雀山漢墓竹簡
三国志の時代に芽生えた楷書の肉声―走馬楼三国呉簡
書聖“王義之”の書の真相をもとめて―楼蘭出土文書
唐代人が手習いした王義之の実態―吐魯番出土文書



amazonは、古本屋ともリンクしているので便利なのですが、書誌情報が時々間違っていたり、ほとんどに目次など内容をうかがえるものがないので、補っておきました。画像がない本ばかり紹介してます。

中国出土文献の世界―新発見と学術の歴史中国出土文献の世界―新発見と学術の歴史 (創文社、2006年)
朱 淵清(著)、高木智見(訳)
 第1章 始皇帝の焚書坑儒 
 第2章 孔壁書-『尚書』の謎 
 第3章 汲冢書-編年体『竹書紀年』 
 第4章 王国維の予言 
 第5章 地下の新材料 
 第6章 新出土の簡帛書籍 
 第7章 銀雀山漢簡-兵法と戦争 
 第8章 馬王堆帛書-方術の再認識 
 第9章 郭店楚簡-戦国時代の思想 
 第10章 脚光を浴びる上海博楚簡



『中国出土文献の世界』のほうは、guangbiさんのブログ虎渓之橋ブログにて、紹介されていますね♪

久しぶりの更新でした。。。
スポンサーサイト


テーマ:中国史 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

最近、ぼちぼち出土文献を読んでいて、関係書なんかを「つんどく」したりしているんですが、先日『《馬王堆漢墓帛書[壱]》仮借字研究』(沈祖春2008.2巴蜀書社)という本を買いました。わたしも伝世文献を読むのに、あまりにも恣意的な音通をしているのをみると嫌になっていたのですが、この本をぱらぱら見て、音通もちゃんと活用しなければ、特に出土文献は読み解けないんだろうなと思いました。老子などは伝世文献からどう読むべきか推測もつけやすいでしょうが(伝世文献が必ずしももとの形に近いわけではないと思いますが)、古佚書なんかだと、音韻、訓詁、文字、歴史、思想…と莫大な知識がないと読めないんでしょうね…。わたしが読んでるのは、校釈されてて、ある程度注もついてるものなんですが。

一人で読んでいるので、出土文献についてなど、分からないことだらけなので、教えていただきたいのですが、何からお伺いしたらいいのか、分からない状態です…。

  • 2008/06/03(火) 15:55:11 |
  • URL |
  • ひょろでぶ #-
  • [ 編集]

私も1人で読んでます(笑)

ひょろでぶさん

コメントありがとうございます!
忙しくしておりまして、ご返答がおくれてすみませんでした。
『《馬王堆漢墓帛書[壱]》仮借字研究』(沈祖春2008.2巴蜀書社)という本は、書名を見る限り買っておきたい本ですね。
楚簡については、郭店楚簡が釈文されて楚簡独特の音通や表記がかなり判明してそれ以前のものも、これを援用して読めるようになったと聞いてます。郭店楚簡に『老子』があったからこそ、伝世の『老子』と比較して校訂できたわけです。

出土資料は原書(現物)相手には独力で読むのは本当に難しいことですよね。私もいろいろな工具書や研究書を頼りに読んでいるのが実際です。それでもこの説はあやしいなとか、全然成り立たないことを言っているなとかある程度察しがつくようになりました。

なにかご質問がありましたら、このコメントで「管理者だけ表示を許可する」というオプションがありますから、メールアドレスなどお教えいただければ、ご連絡いたします。お気軽にどうぞ。

  • 2008/06/10(火) 06:29:22 |
  • URL |
  • 古中 #FvLIUmYM
  • [ 編集]

老子の楚簡,文字

小生は、老子原作者の真の思いを明らかにするという夢を実現すべく、この数年、集中的に楚簡や帛書に取り組んできた者です。3千時間余り投入しています。楚簡の文字は簡単には読めないですが、陳錫勇『郭店楚簡老子論証』には老子テキストが写真をもとに拡大して筆写した楚簡文字テキストが正漢字(繁体字)のテキストと共に掲載されており、また鄒安華編『楚簡與帛書老子』の巻末には光沢紙に鮮明な竹簡写真が掲載されており、陳錫勇のと対比しながら読むことが出来ます。
なお、小生は共同研究者を探しています。

Re: 老子の楚簡,文字

ykatsuda1さん

楚簡や帛書を集中的に読まれているとのこと、頭が下がります。
今ではいろいろな書籍が入手しやすい状況になっていますから、いい研究があればそれに拠って読むことができる楚簡文字資料が多くなってきてうれしいばかりです。
とりわけ『老子』道徳経のテキストは注目の的ですから、研究も進んでいるんだと思います。

  • 2009/02/28(土) 00:54:14 |
  • URL |
  • 古中 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/144-221a50ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。