古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白酒を飲む

昨日は仕事帰りに都内某所で「白酒」を飲んだ。

日本にある中華料理屋や中国料理店においてある酒と言えば、たいがいは紹興酒で北方系の白酒はほとんどお目にかからない。勤務先の近くにある、とある中国料理屋でメニューにはなかったが「白酒があるか?」と聞いたら、あると言ったので頼んで飲んでみると微妙に味わいが違ったので、酒瓶を持ってきてもらったら、驚いたことに「透明な紹興酒」だった、なんていうことがあったくらい(そこの店主は上海人だったのでなるほどだが)

ということで、以前、上野の朝鮮系中国料理屋(狗肉もある)で「二鍋頭」をボトルキープした(笑)時以来、まともな「白酒」を飲んだことがなかったのだが、昨日はなんとたまたま入った中華料理屋に「汾酒」が置いてあったので、一杯飲んできた。

アルコール度数は65度!

久々にいいお酒が飲めました。

辛いものと同じく、中国に何度か足を運んで好きになったお酒です。もとより酒量は多くないので、量的にもたしなむ程度ですけれども。最近は池袋の中国系のお店でいろいろなお酒が買えるらしいです。年度末には、またいいお酒を飲みたいものです。
スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/137-eaabf253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。