古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成19年度九州史学会大会(於:九州大学、2007/12/8・9)

なかなか自分の住んでいる首都圏以外の情報に接する機会がないが、古代中国関係でいくつかの報告があるので、九州史学会を紹介します。

古代中国関係以外のすべてのプログラムは、
http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/his_isla/kyushushigakukai2007program.pdf
にありますので、ご参照ください。


九州大学史学会大会

日時:2007年12月9日(日)、(午前9時より)

研究発表<東洋史部会>(法文系講義棟204番教室)(抜粋)
「漢代の璽印における鈕─亀鈕の型式的変遷を中心として─」下川可保梨
「北魏の三都大官制について」橘木大作
「五胡十六国北朝における和蕃公主の降嫁をめぐって」藤野月子
「漢初における宗室劉氏と郡国制」杉村伸二
「漢晋期における「謡」の叙述─「音声世界」の「謡」と「文字世界」の「謡」─」永田拓治
「出土文物から見た魏晋南北朝時代の冠服制度と礼制」小林 聡
「宋元時代東南沿海地域における基層社会の変容と信仰」岡 元司
「後漢時代における刺史と地方行政」紙屋正和

参加費:1500円

古代中国部分を抜粋したが、興味深い報告が並ぶ。ちなみに12月8日(土)はシンポジウム「文書からみた東アジアの戦争と外交 ─ モンゴル・元を中心に ─ 」が開催される。
スポンサーサイト


テーマ:中国史 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/135-245f7521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。