古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

3.小学生で『論語』を・・・

小学生6年で、『論語の読み方』を手にした僕。。。

その本の中には、読み下し文をもとにしていて、いくつか『論語』の言葉を紹介していた。そのため、『論語』なる本を全部読んでみたくなった。

とりあえず、図書館へ行ってみた。小学生高学年くらいから普通に利用していたので、とくに抵抗はなかった。でも、小学生が使う「児童室」には『論語』はなく、大人が利用する「一般室」にしかなかった。

そこで、一般室に行って、『論語』を借りた。

僕の持ってきた『論語』を見て、手続きをした図書館の人に

「君は随分むずかしい本を読むんだね~」

と言われたのを、今でも覚えている(w

そんなに難しい本なのかな?いい本なんじゃないかな、なんて思っていた自分が、、、今思うと怖い・・・。なんせ小6のガキなのだから。


その後、中1になってからだと思うが、My『論語』を買った。
駅前にあった書店の、中公文庫の貝塚茂樹訳注のものだ。これを頭から読んだり、つまみ読みしたり。。。

始めに書き下し文があり、次に原文、現代語訳、コメント、という順番だった。この『論語』を読むことを通して、自然に漢文訓読調の言い回しに慣れ、古注と新注があるんだ、とか、頭に入っていった。

それ以上に、以前話したように、中学でどのように生きるべきか、なんてことがあって、『論語』に答えを求めたので、数々の名言が自分の心の中に響いてきた。

「巧言令色、鮮ないかな仁」
「吾、日に三たび吾が身を省みる。人の為に謀りて忠ならざるか、朋友と交わりて信ならざるか、習わざるを伝えしか」
「行ないて余力あれば、則ち以て文を学べ」
「過てば則ち改むるに憚ること勿かれ」
「事に敏にして言に慎む」
「己れを知らざるを患えず、人を知らざるを患えよ」

などなど・・・

要するに、中学時代の自分は『論語』に描かれた理想の人物像である「君子」を、自己の理想像に重ねたのだ。
※そしてそれは勿論、後に崩されていくのだが(笑)


その『論語』は今でも僕の書棚にカバーがかかったまま、置かれている^^;

貝塚『論語』表紙



それと、なにより2000年以上も前の人の言葉が、2000年以上後の自分に、しかも中国でなく日本にいる自分に、伝わっている、という事実に非常に興味を覚えた。すごいな・・・と。

漢文ってすごいな、2000年も前のことが分かってしまうんだな。そう純粋に思った。
スポンサーサイト


テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

今後の展開が楽しみです。

はじめまして。しのぶん様のところから飛んで参りました。

>小学生6年で、・・『論語』なる本を全部読んでみたくなった。

現代日本で、小学生で論語を通読しているのは皇太子だけかと思っておりましたので、こういう方がいらっしゃるとは嬉しい限りです。

因みに、私が論語を初めて通読したのは、今から約5年前、43歳の時ですから、偉そうなことはいえません。

>「君は随分むずかしい本を読むんだね~」

「昔の人はもっと小さいときから読んでたよ」と言ってくれたらいいのにね。

>中学でどのように生きるべきか、なんてことがあって、『論語』に答えを求めた
>中学時代の自分は『論語』に描かれた理想の人物像である「君子」を、自己の理想像に重ねた

陽明学風に、実践躬行の方向へ進まれたのか、朱子学風に、思弁の方向へ進まれたのか、このカテは、連載物のようですので、続きを楽しみにしております。

  • 2006/12/17(日) 13:55:44 |
  • URL |
  • 白魚一寸 #LaVwoRLA
  • [ 編集]

今後の展開、楽しみにしていてください♪

白魚一寸さん、ご訪問、コメントありがとうございます。
私が小学生だったころはもう20年以上前なので「現代日本」かどうかは分かりませんが、変わり者の存在によろこんでいただき恐縮です^^;

> 陽明学風に、実践躬行の方向へ進まれたのか、朱子学風に、思弁の方向へ進まれたのか、このカテは、連載物のようですので、続きを楽しみにしております。

ありがとうございます!
お察しの通り、連載物です。最近はなにやら忙しくゆっくりと昔を振り返って、この続きを書けずにいますが、ゆっくり書いていきます。
また、陽明学風か朱子学風か、、、これまたどちらかに進んだので、どうぞ気を長くお待ちいただければ幸いです。

  • 2006/12/17(日) 19:18:37 |
  • URL |
  • 古中 #FvLIUmYM
  • [ 編集]

はじめまして

古中さま、履歴からやって来ました。
コメントありがとうございました。プロの方からご指摘いただき、恐縮しております。

>2000年以上も前の人の言葉が、2000年以上後の自分に、しかも中国でなく日本にいる自分に、伝わっている

私が漢文の本をごく最近開くようになったのは、まさに古中さんが書かれている通りの気がしたからです。
他の記事もゆっくり拝見させていただきたいと思います(分かるかどうか分かりませんが)。
それでは。

  • 2007/02/27(火) 07:34:24 |
  • URL |
  • 海色の風 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/11-5f884607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,