古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立公文書館 平成19年度秋の特別展「漢籍」(10/2~10/21)

漢籍、とりわけ宋版(宋代に刊行された書籍)や元版を実際に見る機会は、実はそうそうあるものではない。静嘉堂文庫美術館でここのところ1年に1度は古典籍の展覧をしていたが、あとはまとまって見る機会はあまりないのではと思う。

今日、学校へ行く途上、地下鉄の車内で国立公文書館の特別展示の広告を見つけた。


国立公文書館 平成19年度秋の特別展 「漢籍」

期間:平成19年10月2日(火)~10月21日(日)
時間:月~水・土・日曜日 午前9時45分~午後5時30分
木・金曜日 午前9時45分~午後8時
※入場は、それぞれ閉館30分前まで
(特別展は、期間中無休)

会場:国立公文書館
   地下鉄東西線竹橋駅下車[1b出口]徒歩5分


10月2日には石川忠久先生による講演会がある(申し込み制)。
詳しくは、国立公文書館の下記のサイトを参考にしてください。主な展示品も載っています。
http://www.archives.go.jp/exhibition/haruaki_19_aki.html
スポンサーサイト


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/104-7abf3bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。