古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魏・王基残碑の「釁」字

とあるものをなんとか今日、提出。

その際、またもや肝心な資料が手元にないことが発覚。。。
こんな部屋イヤだ(w




さて、

nagaichiさんの枕流亭ブログの2007年9月10日の記事
http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/20070910
を見た。

京都大学人文科学研究所が所蔵している石刻拓本資料をもとに、魏の王基残碑の釈文をされている。 詳しくはリンクをご覧ください。

うち、不明な字をひとつ挙げている。

どんな字がというと、下の『金石萃編』でいうと、下から4字目の字。

金石萃編・王基碑「釁」


最近、漢字の異体字字典>「獨」の異体字に寄せてというブログ記事で、石刻資料の字体や異体字を探す工具書をアップしたこともあり、また自分も上の字は初めて見る字だったので、工具書を使って少し調べてみた。


釈読できない字を探すのは若干難しい。が、今回は画数が多い漢字だったので、『碑別字新編』で画数の多い字をパラパラ見ていたら、類似する字形が見つかった。

碑別字新編「釁」


この段階で、「なべぶた」の有無は違えども、「釁」と釈文していいと確信^^; 
というのも、「爨」字などは「なべぶた」がついている字形も石刻資料には見えるので。

そこであらためて、『隷韻』(画像:上)と『隷篇』(画像:下)で「釁」の字を探して見てみた。

隷韻「釁」


隷篇「釁」


上の画像に見える通り、(清)翟云升『隷篇』は、王基残碑の件の字を「釁」としている(第三・十八葉)。恐るべし清朝考証学者!!


ついでに『漢語大字典』で「釁」の字を見てみたら、王基残碑の字形を類例にあげていた。また『大書源』でもP.2728に王基残碑の字を「釁」の類例として載せている(下の画像参照)。

大書源・王基残碑「釁」


もっとも、『大書源』が採用しているのは、冒頭に挙げた『金石萃編』の字形で、拓本に近い『隷篇』の字形と少し違っている。真ん中が「酉」のような感じになっているのが本来の形だと思う(枕流亭ブログにアップされている画像を見れば分かるだろう)。
大部の編纂物には仕方がないと思うが、何かの種本を集めてきていて、原資料にあたっていないのだろう。

ちなみに、「釁」は、音は「ケン」。意味はいろいろあるけれど、王基残碑では「すき」か「あやまち」といった意だろうか。。。よく分からない^^;

ちなみに、この王基残碑は、三国時期の筆跡資料が少ないこともあって、書道の世界ではそれ相応に有名。『魏・曹真残碑 王基残碑』二玄社でも取り上げられている。この書ではどう釈読してるのかな。持ってないから分からないんだけど。


以上、nagaichiさんのブログに書き込もうとしたが、なぜか拒否られてしまったので、あえてこちらに書きました^^;
スポンサーサイト


テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

ありがとうございます

はじめまして。枕流亭の永一と申します。
おかげで予想外に早く謎の字釈が判明しました。
お礼申し上げます。
やはり異体字を調べる工具書も持ってないと、碑文を直接読むときにだめだなというのを痛感しました。

  • 2007/09/12(水) 22:34:38 |
  • URL |
  • nagaichi #-
  • [ 編集]

こちらこそ!

永一さん、書き込みありがとうございます。
魏晋南北朝の石刻資料を読まれているのもブログで拝見してました。自分自身も分からない字でしたので、たまたま手持ちのもので調べたら、うまい具合に載っていたのでよかったです。
個人的には、ブログにも書きましたが、『碑別字新編』がお薦めで、『隷篇』なども重版されて入手しやすいので、あると何かの時には役に立つと思います^^;

  • 2007/09/13(木) 00:43:29 |
  • URL |
  • 古中 #FvLIUmYM
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ancientchina.blog74.fc2.com/tb.php/100-d8f9760e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。