古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『漢辞海 第三版』出る!!

前にも書いたと思うが、漢和辞典を1冊だけ買うとしたら、どれを薦めているかというと、三省堂の

全訳漢辞海戸川 芳郎
『全訳 漢辞海 第三版』
三省堂、2011年2月。




を薦めている。

なぜかといえば、語釈がしっかりしている(従来の漢和辞典を引きずらずに書き下ろしている)こと、現代の古典漢語研究の成果が反映されていること、訓読に対応した訓読文・書き下し文が掲載されていること、品詞が付せられていること、中古漢語(三国~隋唐)の熟語が補われていること(従来の漢和辞典は、先秦諸子百家や『史記』と唐詩の出典が多く、六朝期の語彙をほとんど取っていなかった)などなど、数えたらきりがないほど漢和辞典として画期的な辞典なのだ。

語源について『説文解字』や『釈名』の説明を踏襲している(つまり、独自の語源案を提出してない)などといった点に不満を覚える人もいるらしいが、それはそれで一つの見識を示したものであり、語源については他の漢和辞典を見ればよいのである。

ということで、この『漢辞海』の新版(第三版)が出ました、というニュースでございました。

ある、大学教員は「私はあえて『漢辞海』を学生に薦めない。なぜかといえば、『漢辞海』をひいてしまうとすぐに答えが載っているから」と言った人さえいる(笑)。

漢和辞典はたくさんあるが、私は断然『漢辞海』を推薦しています。

<2011.3.1 追記>
別件で三省堂の編集部の方と連絡をとったところ、現時点で「初刷」がすべて出てしまったとのこと。いやぁ、人気ありますね。


話は変わるが、来年度の仕事で未定なのは、東京都の都立高校のコマ。

今年はどうも接触が早い。今日早くも2校から打診を受けた。1校はいわゆる現任校(現在赴任している学校)からで、今年度と同じ2コマか2コマ増えて4コマかになる模様。もう1校は、世界史Aを2年生に2単位で2クラスにというものだった。これは断った。来年度はできるけ仕事を減らすつもりなので。
スポンサーサイト


テーマ:漢文・漢詩 - ジャンル:学問・文化・芸術

次のページ

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。