古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢文訓読の疑問・1

中国の古典籍(漢文)を読むとき、自分はまず訓読してから意味をとろうとする。でも、その訓読(書き下し・読み下し)は、おおよそ平安末期頃の古典文法にのっとっていて、またその後の訓読の歴史によって様々に変化してきたりしたので、漢文の訓読での古典文法は難しい。
高校時代、古典はなんとなく習ってただけだしなぁ・・・。

たとえば、韓愈の伯楽の話に出てくる以下の文。

「其真無馬邪」

これだけ訓読しなさいといきなり宿題に出されたら、どう読もう。
1.「其れ真(まこと)に馬 無きや」
2.「其れ真(まこと)に馬 無しや」
3.「其れ真(まこと)に馬 無きか」
4.「其れ真(まこと)に馬 無しか」
5.「其れ真(まこと)に馬 無からんや」
6.「其れ真(まこと)に馬 無からんか」

これは、この文を「単純な疑問」か「感歎」か「反語」かにとるかでも分かれる。また上の選択肢の中には、古典文法の接続からして不適当なものも含んでいる。

「邪」とか「耶」「乎」とかの句末の助字(虚詞)を、訓読するときに、「か」「や」でよむ、というのは、ほとんどの参考書や漢和辞典に載っている。でも、どんな時に「か」と読むのか、どんな時に「や」と読むのか、そしてその上に接続するのは連体形なのか終止形なのか。。。

「反語」の時は「や」と読むのだが、「疑問」の時は「か」「や」と読む、と説明してある本が多い。「疑問」の時の句末の「乎」「邪」「耶」などは、「か」でも「や」でもどっちでもいいということなのか??はてまた何か決まりがあるのか。

実は決まりがある(ような)のだが、、、
あとでこの記事に追記します!

みなさん、お手元にある漢和辞典や漢文参考書でその違いが明記されたものがあったら、ぜひコメントでお教えください(笑)。

<速報 2007.02.25>

築島裕(編)『訓點語彙集成』全八巻別巻一、汲古書院、2006年2月~

どえらい本が出ます。すごい・・・。
ビラを入手しましたので、後日ご報告します。欲しいけど、当然私個人では買えない値段であります↓
スポンサーサイト


テーマ:漢籍翻訳 - ジャンル:学問・文化・芸術

次のページ

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。