古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平安時代の度量衡制度

とある中国人からメールが来た。てっきり、正月の挨拶のフライングかと思ったら、違った。

曰く、

「『入唐求法巡礼行記』を読んだところ、どうやら日本の当時の度量衡(特に距離の表記)と中国のは違うようだ。よろしければ平安時代の度量衡について教えてもらえませんか」

とのこと。斤と両、分、銭について知りたいらしい。

んー、

知らない(笑)。

ちょっとネットで検索しても出てこない(汗)。

ていうか、『行記』なら中国語でも注釈つきのがあるから、それに載ってないのかなぁ。
むしろ、逆に『行記』に日本式の距離表記が載っているなら、円仁の歩いた距離がほぼ確定できているから、それをもとにして平安時代の度量衡が分かるんじゃないか、と思った次第。とは言っても、質問してきた中国人が言うように「『行記』に唐代の里程法と違う表記がある」のが事実ならばの話だが。

度量衡は一時夢中になって、中国のものを一通り読んだので、中国のなら何冊か本も持っていてある程度知っているんですが、日本のはからきしダメです。漢和辞典の付録にだいたい載っているが、そのおおもとは、ほぼ以下の書に拠っているはずです。

中国古代度量衡図集中国国家計量総局・邱隆(著)
山田慶児・浅原達郎(訳)
『中国古代度量衡図集』

みすず書房、1985年。




出土資料を元に、各時代の度量衡についてデータを載せている本で、「古代」と言ってますが、中国でいう「古代」(=前近代)なので、ほぼ、全時代を網羅していたような記憶があります。昔から古本でしか手に入らずに、しかも高いので買っていませんが、ときどき図書館から借りてます。もとの中国語バージョンのはいつかどこかで買った記憶があるのですが…。

忙しくて、去年も今年も大掃除ができなかったので、もうどこにあるのか分かりません。。。

宝の持ち腐れ、とはこのことを言うのでしょうかね。今年はなんと年賀状も書けずに、おそらく諸先生方には失礼をしてしまいそうです。この場で謝っておこう。
スポンサーサイト


テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

居延漢簡メモ

居延漢簡のこと。

『居延漢簡釈文合校』(上下、文物出版社、1987年)の巻末には、「居延漢簡簡号・出土地点・図版頁碼対照一覧表」があって、『居延漢簡 甲乙編』と労榦『居延漢簡 図版之部』の図版掲載ページが掲載されている便利な対応表だが、『居延漢簡釈文合校』に釈文が載っていない簡は、たとえ『甲乙編』や労榦本に図版があっても表に載せられていない。

つまり、、、

「居延漢簡簡号・出土地点・図版頁碼対照一覧表」の「居延漢簡簡号」とは、「『居延漢簡釈文合校』所載居延漢簡簡号」の意味である。

個人的な備忘録です。

テーマ:中国史 - ジャンル:学問・文化・芸術

韓国の中国史研究者

ここ1年くらいに、4,5名の韓国の中国史研究者と会って、その度に少しお話しをする機会があった。それまでは、学会で発表を聞くか、コメントを拝聴する程度だった。昨日も、LH大学のK先生とお話しができた。

ここ1年で会った韓国の中国史を研究している先生のほとんどは、日本語ができる。
もっとも、話せないが読める、という程度の人が多いようだが、これは韓国での中国史研究に、日本の中国史研究の成果を学ばなければ成り立たない、成り立たなかったことを意味している。

もちろん、中国の研究も当然、参考にしているのはいうまでもないが、日本の中国史研究者の多くもそうであったように、国交がなかった時期や文革の時期は、中国での発行物を入手することは困難であったし、研究者同士の交流も相当限定されたものだった。だから、日本の場合は、日本の中国史研究の伝統を持ちつつ、続いてきた経緯があり、韓国での中国史研究は、まず日本の研究業績を学ぶところから始まったらしい。

今日、会った先生とは、去年の3月にも韓国で初めてお会いした。
その時、その先生は、一言の日本語も話していなかった。中国語でコミュニケーションをとったのだが、今回、その先生が2週間ほどの予定で京都を拠点に来日していて、東京にも来たということで会うことができた。
驚いたことに、初めの1時間はほとんど日本語を使ってコミュニケーションをとった。これには本当に驚いた。「郷には郷に従えで、中国にいる時は中国語を、韓国にいる時は韓国語を、日本にいるときは日本語をできるだけ話したいです」と爽やかに言っていた姿が目に焼き付いた。
そして少し、自分はにわか知識でえらそうにモノを言っているのではないか、と恥ずかしくなった。

韓国の先生方が異口同音に言うのは、
「韓国の中国史研究の水準は、中国・日本より劣っている。どうにかして韓国の中国史研究のレベルをあげたい。」
というセリフだ。

今回も、私が参加している研究会(勉強会)を見学して、日本の中国史研究の伝統、知識の世代間の伝達、指導の方法、研究に役立つ工具書やツール、といったものを知り、韓国での学生指導に役立てたいからとのことだった。

また、先週会った韓国の中国史研究者は、日本語がペラペラで「不二家」騒動も知っていた。驚きである。

我が身を振り返ると、実に恥ずかしい。
日々、精進しなければ。。。中国語が多少できるとはいえ、旅行会話・日常会話レベルで専門的なことを話すレベルでは到底ない。また、韓国の中国史研究の業績をほとんど知らない。せめてハングルを読んで、論文名くらいは読めるようになりたいものだ。。。

テーマ:中国史 - ジャンル:学問・文化・芸術

唐宋時期中国南海貿易概観論著

完全な個人的な研究メモ。

適宜追加していきます。


桑原隲蔵『蒲寿庚の事蹟』東亜攻究会、1923年(岩波書店全集第五巻1968年、平凡社東洋文庫1989年)
藤田豊八『東西交渉史の研究:南海篇』岡書院、1932年(国書刊行会1974年)
桑原隲蔵『東西交通史論叢』弘文堂書房、1933年(全集3巻、岩波書店、1968年)
石田幹之助『南海に関する支那史料』生活社、1945年
藤本勝次(訳注)『シナ・インド物語』関西大学東西学術研究所、1976年
日々野丈夫『中国歴史地理研究』同朋舎出版部、1977年
佐藤圭四郎『イスラーム商業史の研究』同朋社出版、1981年
三上次男『陶磁貿易史研究』(全三巻)中央公論美術出版、1987-1988年
アブー=ルゴド,ジャネット・L.『ヨーロッパ覇権以前』岩波書店、2001年(原書1989年)
家島彦一『イスラム世界の成立と国際商業』岩波書店、1991年
家島彦一『海が創る文明-インド洋海域世界の歴史』朝日新聞社、1993年
村井章介『8-17世紀の東アジア地域における人・物・情報の交流-海域と港市の形成、民族・地域間の相互認識を中心に』科学研究費報告書、2004年


松田壽男


テーマ:中国史 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。