FC2ブログ

古代中国箚記

古代中国の文章・文物・歴史・研究について。とりあえず漢文(古典漢語)や漢字について徒然なるままに、また学会覚書、購書記録なども記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国古代の武器・兵器

中国古代の戦争や武器・兵器さらには、戦争の形態・実態については、実は意外と知られていない。

出土文物から兵器の形態の変遷を丁寧に跡づけた研究は、林巳奈夫や楊泓のものがある。

1.林巳奈夫『中国殷周時代の武器』京都大学人文科学研究所、1972年
2.楊泓(来村多加史訳)『中国古兵器論叢』関西大学出版部、1985年

とはいえ、この2書は、あまり日本に蔵書がない。1.は大学図書館にはあるだろう。

一般向けには、

3.『戦略戦術兵器事典 1 中国古代編』学研プラス、1994年
があり、やや古いものの、丁寧かつ知りたい情報がつまっている。

4.篠田耕一『武器と防具〈中国編〉』新紀元社、1992年
は、武器と防具それぞれの通史的解説で、内容がやや散漫でイラストのレベルが高くないが、巻末の参考文献リストは非常に有用なので、おさえておきたい。

だいたい、あまりきちんとした学問的裏付けがない概説書がまかり通っている感じの分野ではあったが、近年、すばらしい研究成果が出た。日本語でも読めるもので、値段ややや高いがぜひ参考にしてもらいたい、まず参考にお勧めする書籍が登場したと言っていいだろう。
今村佳子(訳)『中国文化財図鑑 第3巻 兵器』科学出版社東京、2015年

中国考古学を専門に研究をしている訳者ならではの、理解しやすい用語、解説があり、まず第一に薦められる書籍がようやく出たという感じ(もちろん、この書の中国語版は以前よりあったので、中国語が読める方はそちらをどうぞ)。
スポンサーサイト

文庫本や雑誌の字ポをあげませんか?(あげてください!)

このサイトでは、『漢辞海』がいかに優れているか、繰りかえし言っているので、もう言わない。

中型漢和辞典の第一選択肢(第二や第三はない//笑)である、『全訳漢辞海 第四版』

ですが、2016年に、第四版が出ていたんですね。

でも、もう僕の目にはきついです。。。

小学生のころ、図書館で「大きな活字の広辞苑」とか、「大きな活字の」シリーズの辞書が置いてあるところがあって、
なんでわざわざ大きいものがあるのだろう?
と、不思議に思っていましたが、今や、
なんで活字は小さいのだろう?
と思うことしきりです(笑)。

ということで、実は今年は漢和辞典をかなり使う予定なので、大きい下記のものを注文しました。

『全訳漢辞海 第四版 机上版』


名前が「大きな活字の~」とか無粋じゃなくて、「机上版」とスマートなのがまたオシャレ(笑)。

辞書は活字が小さいのは分かるとしても、文庫や雑誌で使われている字の大きさが、実に微妙な大きさで、老眼にはこたえます。校正しているときも、昼をすぎるとゲラの文字がかすれてしまうので、そっこうでメガネをはずすのでした。

来たる高齢化社会に向けて、文庫本や雑誌などの基本的なフォントの字ポ、あげませんか。

『中国歴史地図集』全巻ウェブで見られます!

タイトル通りでございます(笑)。

かの譚其驤編『中国歴史地図集』(全8巻、中国地図出版社)が、タダで見られます。

僕が中国に初めて行った時に、上海の福州路のでかい書店で、兌換幣で、かつ、外国人向けコーナー(つまり中国人は立ち入り禁止)で買ったのが、『中国歴史地図集』の第3分冊でした。中国古代史を専攻したこともあり、また中国書が日本ではそれほど安くなかった(今でもそう思うが)時代だったので、以後、宋代以降のは買わずじまいでした。

そんなことを思うと、本当に隔世の感があります。

・中国歴史地図集
http://www.ccamc.co/chinese_historical_map/index.php

このサイト、かなり高画質なので拡大しても文字もはっきり見えます。

ただし、「地名検索」はできず、その地名も「簡体字」です。書籍ではずいぶん前に「繁体字版」は出ましたし、今では地名検索できるソフトもあります。でも、地図はやはり広げてみて、場所の感覚や距離を目でみて確認するというのはとても大事なことです。

いずれにせよ、有用なサイトです。著作権云々は、ここでは言わないでおきましょう。

浦島太郎とはこのことか・・・(古代中国語の音韻と『詩経』の翻訳)

4年ほどブログを放置し、研究会にも5年ほど前に出たっきり、すっかり「研究の場」から遠ざかってしまいました。

理由はひとつではありませんが、「お金」の問題があることは否定できません。要するに、特に文系は学問だけしていても、お金にはならない(=生活できない)ので、現実世界でなんとか収入を得なければと校正や編集の仕事を増やしたからでした。

「研究の場」にいないと、いろんな情報から遠ざかってしまうものです。今日、こんな本が出ていることを知りました。

カールグレンと数人の中国人研究者を除き、研究されてないものだと思ってましたが、当然のことながら知らないところで研究は進んでいました。

 ウィリアム・H. バクスター『古代中国語音韻学ハンドブック』きこ書房、2014年

 ハンドブックといいながら、この本は1113ページもある、大著です。7334円也。

 handbookは、OEDOxford English Dictionary)に、
 

A small book or treatise, such as may conveniently be held in the hand; a manual.

 とあるように、本来の意味は「手でつかめむにちょうどよいくらいの書籍/専門書のこと」なので、ちょっと違和感があります。
 とはいえ、原著者の「ほんのハンドブックにすぎないけれど、これほどの厚さになってしまったよ」感が伝わってきます。ページ数からしても、扱う内容が専門的なことからしても、良心的な値段なのでしょう。
けれど、やはり高いと思ってしまう。
原書を買った方が安いはずと思って、見てみたら、なんと$547.88 (約6万2491円)。。。

絶対手が出ないわ。
まして、専門じゃないしw

でも、大学図書館などには入れて欲しい一冊です。と、思って出講先の大学図書館のOPACで調べたら、ありました。ありがたい。来週にでも借りにいこう。

また、こんな時に、amazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」的な、いつもならうぜーよと思う機能がありがたいです。芋づる的に、ここで紹介していない本をいくつか紹介しておきましょう。

松丸道雄『甲骨文の話』大修館、2017年。
いわずとしれた、甲骨文字・殷代史の大家、松丸先生の本です。ちょっと内容紹介をみてみると、

松丸道雄先生の六十余年にわたる甲骨学研究のエッセンスが読みやすい形で新たな一冊に! 若き日の論文「甲骨文略説」、壮大な歴史研究「殷人の観念世界」、「十二支の「巳」をめぐる奇妙な問題」、書き下ろし「『甲骨文合集』の刊行とその後の研究」など11本の論考・講演録を収録。甲骨文字発見から百二十年のいま改めて、漢字の源流、甲骨文字の世界を味わえる一冊。(amazonより)

とあるので、いろいろな話・文章が収録されているとのこと。これはこれで面白そうです。

ついでに『詩経』はさまざまな訳が出ていますが、間違っても目加田誠訳なんていうものは買ってはいけません。『詩経』にかぎっていえば、基本的に中国文学者の訳は、歴史的な背景をほとんど顧みない翻訳です。
『詩経』に10首余り出てくる、恋愛などの男女関係を中心に講義で話すことがあり、『詩経』の翻訳を比較検討したことがあります。

基本としたのは、以下にリンクを貼った白川静訳でした。もちろん、白川訳がベストというわけでもありません。その際に参考にしたのは、牧角悦子『詩経・楚辞』(角川ソフィア文庫)、角川書店、2014年でした。この本で翻訳された『詩経』のうたは、なかなか鋭い指摘や深い理解と的確な訳語を用いており、非常に興味深く、また検討に値する翻訳でした。


何か1冊を、と言われた時、私は牧角訳の『詩経』を薦めています。

「初年」考(二)

紙の辞書で解決しない場合はどうすればいいか。

答えは、シンプルです。ググる(Google検索をする)のです。

ただし、校正/校閲のためのググり方というのがあります。たいしたことではありませんが、知っているか知っていないかで大きな違いといえるでしょう。

たとえば、「明治初年度」ということばをググります。普通にググると以下のような画面になります。
mingzhichuniandu.jpg

画像を見ればわかるように「明治」と「初年度」あるいは、「明治」「年度」「初」が同じページにあるところが検索結果として出てしまいます(約114万件ヒット)。

知りたい/調べたい言葉をダブルクオーテーションで囲むと"その文字面(もじづら)"があるページを結果に出してくれます。
mingzhichuniandu_quote.jpg

約6730件の「明治初年度」という文字が、インターネット上にある、ということがわかります。


このダブルクオーテーション検索は、インターネットでの用語使用例がわかる、とんでもない便利なものです。たとえば、校正・校閲では「指摘」や「疑問だし」といった、100パーセント間違いではない/正しいか知らないのだけれど、このほうがいい、こうではないかという校正者の意見を編集者や執筆者に伝えることがあります。

その根拠に『広辞苑』や用字用語集をあげても、あまり意味がありません。なぜなら、執筆者は自分の書いたものが正しいと思って原稿をゲラにしているのですから、ほかの候補を提示されても、積極的に採用する理由がないからです。

「Google検索ではABCは~~件、abcは~~件」と出すと、執筆者は多いほうを選ぶことが多いです。

なぜか。

ご存知の通り、言葉は移ろい変わるものです。辞書や文法が正しいものだとしても、たとえば誤用が主流になっていたら、執筆者の意図をより正確に読者に伝えるのは、「正しい用法」ではなく「誤用」のほうなのです。

閑話休題。
「明治初年度」の上から3つは、URLがgo.jpドメインなので、日本政府・官公庁関係です。一番上のExcelファイルをみてみると、「明治初年度以降」とは、「明治8年度までの会計年度」を指しています。

このファイルでは、もう一つ興味深いことがわかります。現在の日本では4月から年度が始まるのは常識で、それを疑うことはまずありません。この統計表から「4月が(会計)年度始まりとなったのは明治19年」だということも分かります。

また、画像より下にある「明治翻訳語のおもしろさ - 国際言語文化研究科」というpdfでは「表2:明治初年度の翻訳点数」として1868年(明治元年)から1882年(明治15年)までの翻訳された書籍の点数を数えています。

明治初年度=明治年間のはじめの何年か


こんな風にして、より信頼度の高いサイトを主として「明治初年度」が何を意味しているのか、帰納的に導きだすと、明らかに、「明治年間のはじめのころの数年度」であって、「明治元年度」とは異なることが分かります。

実は私は校正・校閲で辞書をほとんどひきません。自分の日本語に絶対的な自信があるわけでもありません。

ネットで検索をすれば、辞書に載ってないことを知ることができるからです(送り仮名の本則などは用字用語辞典をひきます)



「雍正初年」と「雍正元年」が混在している論文は、「雍正初年」の箇所に「雍正元年と勘違いされる可能性があるので、雍正年間初期とする?」と鉛筆で指摘しておきました。

次のページ

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。